動画

講演映像「行動経済学はビジネスモデルをどう変えるか」岩澤誠一郎

行動経済学は、従来の合理的な経済人というモデルを乗り越えるアプローチとして、大きな注目を集めています。さまざまな場面で人は非合理的な意思決定を行っています。経営において合理的に判断すればするほど、そうした非合理性とのズレを生み出してしまう。いわば、合理性の罠に陥らないようにするにはどうすればよいのか。またそうした非合理的な人々の行動を前...

「行動経済学はビジネスモデルをどう変えるか」岩澤誠一郎

行動経済学は、従来の合理的な経済人というモデルを乗り越えるアプローチとして、大きな注目を集めています。さまざまな場面で人は非合理的な意思決定を行っています。経営において合理的に判断すればするほど、そうした非合理性とのズレを生み出してしまう。いわば、合理性の罠に陥らないようにするにはどうすればよいのか。またそうした非合理的な人々の行動を前...

講演映像「社会人教育のデジタルトランスフォーメーション:学習体験の未来」藤川佳則

行動経済学は、従来の合理的な経済人というモデルを乗り越えるアプローチとして、大きな注目を集めています。さまざまな場面で人は非合理的な意思決定を行っています。経営において合理的に判断すればするほど、そうした非合理性とのズレを生み出してしまう。いわば、合理性の罠に陥らないようにするにはどうすればよいのか。またそうした非合理的な人々の行動を前...

「社会人教育のデジタルトランスフォーメーション:学習体験の未来」藤川佳則

行動経済学は、従来の合理的な経済人というモデルを乗り越えるアプローチとして、大きな注目を集めています。さまざまな場面で人は非合理的な意思決定を行っています。経営において合理的に判断すればするほど、そうした非合理性とのズレを生み出してしまう。いわば、合理性の罠に陥らないようにするにはどうすればよいのか。またそうした非合理的な人々の行動を前...

講演映像 2020 年シンポジウム「コロナは世界を変えるのか…米国、中国、日本から考える」伊藤隆敏 小松原正浩 藤井保文

今回の世界的な新型コロナウイルス感染症の流行は、果たして我々の社会や経済、そして暮らしを変えていくものなのでしょうか。あるいは、この危機をチャンスと捉えて我々は何を変えていくべきなのでしょうか。今回のオンラインシンポジウムでは、北米、中国そして日本から、経済、経営、デジタル社会のそれぞれ第一線の専門家をお迎えして、多面的にコロナ感染症が...

2020 年シンポジウム「コロナは世界を変えるのか…米国、中国、日本から考える」伊藤隆敏 小松原正浩 藤井保文

今回の世界的な新型コロナウイルス感染症の流行は、果たして我々の社会や経済、そして暮らしを変えていくものなのでしょうか。あるいは、この危機をチャンスと捉えて我々は何を変えていくべきなのでしょうか。今回のオンラインシンポジウムでは、北米、中国そして日本から、経済、経営、デジタル社会のそれぞれ第一線の専門家をお迎えして、多面的にコロナ感染症が...

「インフォデミックとは何か―コロナ禍において人々はどのように情報を収集し、消費を変えたのか」山本晶 [ 2020.05 ]

今回の新型コロナ感染症対策により人々は大きな行動変容に迫られた。とりわけ感染拡大期においては食品の買い占めやマスクの高額転売などが発生した。また、自粛要請の中で、人々のインターネット利用の時間は飛躍的に拡大しており、ネットを通しての情報収集や購買行動が増大したことは明らかである。こうした人々の情報活動と消費行動にはどのような関係があるの...